自分で行うことを決めた不動産売却の税金の計算

不動産売却の税金は業者と司法書士に任せた

不動産売却の税金は業者と司法書士に任せた購入時の書類を残してくことマイホーム購入は減税対象にもなる領収書も全て残っていたので助かった

不動産売却したときに税金がかかるということは知っていましたが、それほど大きなものにはならず、手続きも難しくはないだろうと考えていました。
必要になる税金として印紙税と登録免許税については不動産取引を行ったときに全て業者と司法書士に任せてしまったので簡単に手続きが可能でした。
印紙税は取引価格で決まりますが、軽減されている状況があったのでわずかな金額で済んだのは得だったと言えるでしょう。
業者がこれだけの金額になると明示してくれたのでそれをその通りに支払いました。
また、住宅ローンが残っていたので抵当権抹消のために登記を行う必要がありましたが、司法書士に任せてしまったので司法書士報酬を合わせて支払うという形で本当にお金を少し出すだけで全てを終えることができたのです。
ただ、取引を終えて業者から言われたのが、年度末には確定申告をして譲渡所得税を受け取るか、払い過ぎの税金を還付してもらうかするようにということでした。

土地売却の消費税 | 税金の基礎知識

不動産の売却に税金は不要です。

自分の持ち物である不動産を売却する際に税金がかかると思われている方もいると思いますが、個人と個人の間でのやり取りの際には税金は不要です。
以前、不動産を売却する際には再度消費税がかかると聞いたことがあったのですが、今回自分の持ち家を売却する機会があり、その際に判明しました。
個人から個人への売却は営利目的ではない為、消費税はかからないのです。
販売の仲介を担当してもらった会社にも確認しましたが、個人でのやり取りの際には不要、但し、会社が買取を行い、再度販売を行う場合は営利目的となる為、消費税が発生するとのことでした。
ちなみに、通常、税金はかからないのですが不動産を売却した際に購入価格よりも値段が高値で売れた際には税金がかかってきます。
これは知らない方も多いと思いますので、注意する必要があります。
例えば、数年後に大きなイベントが控えている地域で土地の値段自体が上がっている場合や、購入した時よりも周辺の状況ががらりと大きく変わっている場合などはその可能性があります。
知らないまま放置しておくと脱税になりかねない為、注意することが必要になってきます。
とはいえ、そういったケースは稀であると言えます。
実際、今回自分の持ち家を売却した時を例にすると、購入価格2360万円に対して販売開始価格は2180万円で、買い手がついた価格は2110万円でした。販売を依頼した会社の机上査定額は2280万円でしたが、次に住もうと考えていた一戸建てが分譲住宅の為、少しでも早く売ってしまわないと分譲住宅の方が売れてしまう可能性があり、査定価格よりも100万円低く販売を開始したのです。
依頼した会社には賢明な判断と言われたため、後悔はしていませんが、この判断が後で少し損をした気分になる結果につながります。
査定は複数の会社へ依頼した為、色々な価格帯での査定結果が届きました。
その中から周辺相場に近く、かつ過去の事例なども取り入れた価格を選びました。
最初に高い査定額を出してくる会社は、販売開始後、買い手がつかないと価格見直しを提案してくるというインターネット上での情報を確認した為、候補には入れなかったのです。
また、査定と合わせて直接買い取りの査定も複数社にお願いしたのですが、この方法はおすすめしません。
なぜかというと、直接買い取りの場合は不動産会社が再度販売するためのリフォーム費用や、消費税、販売会社の営業利益などが含まれるため、仲介で販売する価格の6割程度の価格になってしまうのです。
一番高く直接買い取りをしてもらえる査定額でも1600万円程でしたので、到底希望額には及ばなかったのです。
また、今回の経験を通して分かったことがあります。それは大手不動産会社よりも、FC展開をしている会社や、地元密着型の会社の方が仲介の査定額や買い取りの査定額も良いということです。
大手の会社はほとんどのエリアに対応している為、価格も自社の査定基準に基づいて提示してもらえます。
ですが、周辺の状況などはしっかりと把握していないことも多いのです。
逆に、FC展開している会社や地元密着型の会社の場合、地元に会社を構えている為、物件の周辺の施設や人気があるエリアかどうかということをしっかりと把握しています。
それは自社へ訪れる一般のお客さんの声をしっかりと聴いている証拠だと感じました。
その為、私の持ち家は周辺相場よりも高めに評価をされたのです。
販売を依頼した会社の担当者の話だと、なかなか売りに出ない物件の為、以前から購入を希望している方もお見えになるエリアということと、すぐ隣に商業施設があるということが高評価につながったという事でした。
大切な資産の販売を依頼する際には信頼できる担当者を見極める必要があると実感しました。